→ TOP  
   主催: 一般社団法人 日本循環器病予防学会  共催:公益財団法人 日本心臓財団(予定)  
 2022年度 第34回日本循環器病予防セミナー
  循環器病予防のエビデンス構築のための疫学研究力をつける [WEB開催]
申込フォーム  googleフォーム使用 ※2022年3月28日(月)より受付開始 2022.4.12現在 
 1988年より毎年1回開催しております「日本循環器病予防セミナー」は、今年で第34回を迎えます。これまで1,300名以上のセミナー修了者が輩出され、臨床、公衆衛生、それぞれの分野で循環器病予防の第一線で活躍し、また後進の指導者として活躍されています。
 第34回日本循環器病予防セミナーは、前年度同様、Web形式にて開催いたします。
今回は「循環器病予防のエビデンス構築のための疫学研究力をつける」をテーマに、循環器疾患の予防につながる疫学研究・臨床研究の基本プラスαを実践的に学びます。eラーニング、オンデマンド講義とグループワークを織り交ぜたプログラムによって、リサーチクエスチョンから研究計画を立案するユニークなセミナーです。
 さまざまな保健・医療の現場で循環器疾患の予防に従事する受講生によるグループワークは、本セミナーの大きな特色の一つです。あらかじめ用意された主題から研究計画を立ててみたいものを参加申込時に一つ選んでいただき、同じ主題を選んだ受講生とともにグループワークを行っていただきます。事前学習用の論文も提示しますので、研究計画の立案は初めてという方でも参加しやすくなっています。
日本循環器病予防学会の理事・評議員を中心とした循環器病予防の第一線で活躍する研究者が講師・チューターとなり学びをサポートします。
 WEBセミナーの特徴も生かし週末の日中のみで2週にわたって実施します。例年の合宿形式では業務のご都合などで申し込みを見合わせていた方にも参加しやすいプログラムです。どうぞ奮ってご参加ください。

会期 2022年8月6日(土) 7日(日)27日(土) 28(日) の4日間 
時間 10時~12時、13時~17時
※7/30(土)14-16時でオリエンテーション 
 開催方法: Web開催
 定員: 42名
 参加資格: 循環器病予防に意欲のある医師、歯科医師、薬剤師、保健師、看護師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士などの医療職、および関連領域の大学院生・研究生などの若手研究者を歓迎。学部学生は原則不可。
参加条件:  セミナーは全日程にご参加いただくことを条件としております。
 参加費:  予防学会会員:20,000円 / 非会員:30,000円 
★本セミナー応募と同時に入会のお手続きをされる場合は、会員価格となります

⇒入会についてはこちらをご覧ください

 実行委員長: 森河 裕子  金沢医科大学看護学部(教授)
  講師: 上嶋 健治  宇治武田病院健診センター(所長)
岡山 明   生活習慣病予防研究センター(代表)
中村 好一  自治医科大学公衆衛生学教室(教授)
三浦 克之  滋賀医科大学社会医学講座公衆衛生学部門(教授)
宮本 恵宏  国立循環器病研究センター オープンイノベーションセンター(センター長)
チューター: 大西 浩文  札幌医科大学医学部公衆衛生学講座 兼 循環器・腎臓・代謝内分泌内科学講座(教授)
小暮 真奈  東北大学 東北メディカル・メガバンク機構(講師)
小山 雅之  札幌医科大学医学部公衆衛生学講座 兼 循環器・腎臓・代謝内分泌内科学講座(助教)
櫻井 勝   金沢医科大学医学部 衛生学(特任教授)
中村 幸志  琉球大学大学院医学研究科 衛生学・公衆衛生学講座(教授)
西  信雄  医薬基盤・健康・栄養研究所 国際栄養情報センター(センター長)
東山 綾   和歌山県立医科大学 医学部 衛生学講座(准教授)
平田 匠   奈良県立医科大学附属病院臨床研究センター(特任講師)
藤吉 朗   和歌山県立医科大学 医学部 衛生学講座(教授)
寳澤 篤   東北大学東北メディカルメガバンク機構 予防医学・疫学部門(教授)   
松本 知沙  東京医科大学病院 健診予防医学センター、循環器内科(講師)
宮松 直美  滋賀医科大学臨床看護学講座 成人看護学(教授)
宮本 恵宏  国立循環器病研究センター オープンイノベーションセンター(センター長)
テーマ・内容:  循環器病予防のエビデンス構築のための疫学研究力をつける

■講義内容(予定) ※タイトルは変更予定あり
・循環器病予防研究の明日(あした) ~循環器病予防研究の発展のために何が必要か~
・大規模疫学研究の経験(NIPPON DATA)
・臨床研究(臨床試験を中心に)
・医療情報の二次利用
・保健事業・保健指導の効果評価

■グループワーク
担当チューターのもと、各グループで実際に研究計画を立案。
申請書作成からプレゼンテーションまでを行う。
受講者には予め決められた下記の 5 つのテーマの中から、各自第 3 希望まで選択していただき、その中から実行委員会で1テーマを指定させていただきます。(指定テーマは選考結果とともにご連絡します)
------------------------------
①循環器疾患・NCDリスクファクター探索に関する研究
②循環器疾患予防に関する保健事業の効果評価に関する研究
③循環器疾患予防に関する保健指導プログラムの開発と効果評価に関する研究
④循環器疾患リスクファクターへの介入の一次予防効果評価に関する研究
⑤臨床における三次予防に関する研究(再発予防、ADL/QOL低下予防)

申込み:  下記の申込フォームからお申し込みください。
 申込フォーム  googleフォーム使用 ※2022年3月28日(月)より 受付開始
申込が完了しましたら、googleフォームから自動返信メールが届きます。
届かない場合、迷惑フォルダに振り分けられていないか、ご確認ください。
届いていない場合はお手数ですが最初からやり直してください。
申込後、登録内容の変更が生じた場合は、申込時のgoogleフォームから届いた自動返信メールに記載されている[回答を編集]より修正をお願いいたします。

[重要]お申し込みの前に必ずお読みください。

申込フォームについて作成中の保存機能がありません。
あらかじめ下記質問を確認の上、ご回答ください。
-----------------------------------------------------------------------
 1: 氏名、メールアドレス、性別、年齢、セミナーの参加条件
 2: 保有資格、所属先情報
 3: 参加者の学歴、職歴と現在の専門分野、所属学会
 4: 応募の動機
*希望するグループワークのテーマについて
(5項目の中から第1~3希望を挙げていただきます)
 5: 推薦者情報
(本セミナーの受講を薦めた方(指導教員、上司など)がおられる場合は記載してください))
 

募集について:  3月28日(月)より募集開始、6月15日(水)募集締切。 ※一次募集の締切は終了しました。
<書類選考の上、受講者を決定し、6月30日(木)までに選考結果をお知らせします。

連絡事項:  ・受講者は本セミナーに参加する前に、ビデオによる講義を受講していただく予定です。
 (詳細は受講決定時にご案内します)
・セミナー最終日のグループ発表後、更にブラッシュアップしたものを
 翌年の第59回日本循環器病予防学会学術集会で発表いただくことを目標としています。