→ TOP  
   主催: 一般社団法人 日本循環器病予防学会  共催:公益財団法人 日本心臓財団(予定)  
 2021年度 第33回日本循環器病予防セミナ
循環器病予防のためのリスク因子と生活習慣の改善目標を社会環境から考える
―疫学の基礎知識をもとに公衆衛生の課題に取り組む応用編―

申込フォーム  募集開始:3/29(月)10時~   2021.4.21現在 
 1988年より毎年開催してまいりました「日本循環器病予防セミナー」は、これまで1200名以上の方が修了され、臨床、公衆衛生、それぞれの分野で循環器病予防の第一線で活躍されるとともに、後進の指導者として活躍されています。新型コロナウイルス感染症のため昨年初めて中止となりましたが、今年は例年の合宿形式ではなくWeb形式で開催いたします。
 第33回のセミナーは、「循環器病予防のためのリスク因子と生活習慣の改善目標を社会環境から考える―疫学の基礎知識をもとに公衆衛生の課題に取り組む応用編―」をテーマに、循環器病予防のためのリスク因子と生活習慣の改善について、社会環境の視点から目標設定や評価のポイントを学んでいただくことを目的として実施します。循環器病の予防方法について学ぶとともに、グループワークで実際に循環器病のリスク因子と生活習慣の改善目標や評価方法を提案していただくことを通じて上記の目的を達成します。
 さまざまな保健・医療の現場で循環器病の予防に従事する受講生によるグループワークは、本セミナーの大きな特色の一つです。健康日本21(第二次)の目標項目をもとに設定したグループを参加申込時に一つ選んでいただき、同じグループの受講生とともにグループワークを行っていただきます。循環器病のリスク因子や生活習慣の改善の程度を社会環境の視点も入れていかに少ない項目で的確に評価するか、総合的な応用力が試されます。
 日本循環器病予防学会の理事・評議員を中心とした循環器病予防の第一線で活躍する講師陣によるわかりやすい講義とグループワークで構成されるプログラムです。Web形式の特徴を活かして、週末の日中のみで2週にわたって実施します。例年の合宿形式では業務のご都合などで申し込みを見合わせていた方にも参加しやすいプログラムです。どうぞ奮ってご参加ください。 

 会期: 2021年7月31日(土)、8月1日(日)、 21日(土)、22日(日)の4日間
時間:10時~12時、13時~17時
(予定) ※日程表(準備中)  
 開催方法: Web開催
 定員: 42名
 参加資格: 循環器病予防に意欲のある医師、歯科医師、薬剤師、保健師、看護師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士などの医療職、および関連領域の大学院生・研究生などの若手研究者を歓迎。学部学生は原則不可。
 参加費:  予防学会会員:20,000円 / 非会員:30,000円 
★本セミナー応募と同時に入会のお手続きをされる場合は、会員価格となります

⇒入会についてはこちらをご覧ください

 実行委員長: 西  信雄  医薬基盤・健康・栄養研究所 国際栄養情報センター(センター長)
 講師・チューター: 大塚 礼   国立長寿医療研究センター 老年学・社会科学研究センター 老化疫学研究部(部長)
大西 浩文  札幌医科大学医学部公衆衛生学講座 兼 循環器・腎臓・代謝内分泌内科学講座(教授)
岡村 智教  慶應義塾大学医学部 衛生学公衆衛生学(教授)
岡山 明   合同会社 生活習慣病予防研究センター(代表)
門田 文   滋賀医科大学アジア疫学研究センター(准教授)
小山 雅之  札幌医科大学医学部公衆衛生学講座 兼 循環器・腎臓・代謝内分泌内科学講座(助教)
斉藤 功   大分大学医学部公衆衛生・疫学講座(教授)
櫻井 勝   金沢医科大学医学部 衛生学(准教授)
辰巳友佳子  帝京大学医学部衛生学公衆衛生学講座(講師)
内藤真理子  広島大学大学院医系科学研究科口腔保健疫学(教授)
中村 幸志  琉球大学大学院医学研究科 衛生学・公衆衛生学講座(教授)
平田 匠   北海道大学大学院医学研究院 社会医学分野公衆衛生学教室(准教授)
三浦 克之  滋賀医科大学社会医学講座公衆衛生学部門(教授)
宮松 直美  滋賀医科大学臨床看護学講座 成人看護学(教授)
宮本 恵宏  国立循環器病研究センター オープンイノベーションセンター(センター長)
村上 義孝  東邦大学医学部社会医学講座医療統計学分野(教授)
森河 裕子  金沢医科大学看護学部(教授)

-----------------------------------------------------------------------
テーマ・内容:  循環器病予防のためのリスク因子と生活習慣の改善目標を社会環境から考える
―疫学の基礎知識をもとに公衆衛生の課題に取り組む応用編―
■講義内容(予定)■
講義①: 高血圧からみた循環器病予防
講義②: 糖尿病からみた循環器病予防
講義③: 脂質異常症からみた循環器病予防
講義④: 肥満からみた循環器病予防
講義⑤: 保険者の保健事業による循環器病予防
■グループワーク
担当チューターのもと、各グループで実際に循環器病のリスク因子と生活習慣の改善目標や評価方法を提案。
目標項目に関する概念図の作成からプレゼンテーションまでを行います。
受講者には下記の中から、各自希望のグループを選択していただきます。
 (1) 高血圧  (2) 糖尿病  (3) 脂質異常症
 (4) 栄養・食生活、飲酒  (5) 身体活動・運動、休養  (6) 喫煙、歯・口腔の健康

申込み:  下記の申込フォームからお申し込みください。
 申込フォーム  ※googleフォーム使用
申込が完了しましたら、googleフォームから自動返信メールが届きます。
届かない場合、迷惑フォルダに振り分けられていないか、ご確認ください。
届いていない場合はお手数ですが最初からやり直してください。
申込後、登録内容の変更が生じた場合は、申込時のgoogleフォームから届いた自動返信メールに記載されている[回答を編集]より修正をお願いいたします。

[重要]お申し込みの前に必ずお読みください。

申込フォームについて作成中の保存機能がありません。
あらかじめ下記質問を確認の上、ご回答ください。
-----------------------------------------------------------------------
●参加者情報:氏名、メールアドレス、性別、年齢、保有資格、
       所属先情報(名称、住所、電話番号、職名)、
       参加者の学歴(大学卒業以後)・職歴と現在の専門分野、所属学会
●応募の動機
●希望するグループワークのテーマについて(6項目の中から第1~3希望を挙げる)
●セミナーのグループワークで提案してみたい目標項目
(●推薦者情報
 ※本セミナーの受講を薦めた方(指導教員、上司など)がおられる場合は記載してください)
 

募集について:   3月29日(月)より募集開始、6月15日(火)募集締切。
書類選考の上、受講者を決定し、6月30日(水)までに選考結果をお知らせします。
参加条件:  ・セミナーは全日程にご参加いただくことを条件としております。
・受講者は本セミナーに参加する前に、ビデオによる講義を受講していただく予定です。
 (詳細は受講決定時にご案内します)