日本循環器病予防学会誌 投稿規程

2018.5.21
日本循環器病予防学会誌 投稿規程改訂のお知らせ 
 日本循環器病予防学会誌
 編集委員長 三浦 克之
会員の皆様には、平素より本誌の発行につきましてご協力いただき感謝申し上げます。
編集委員会では、循環器病予防に関する論文を皆様にお届けできるよう日々審査を
行うとともに、投稿数の増加や内容の充実に向けて取り組んでいます。
近年、研究において倫理的配慮や利益相反の開示が広く求められるようになり、また
引用する論文が雑誌や書籍のみならず早期公開の論文やインターネット上の資料など
に広がる中で、これまでの本誌の投稿規程では対応できない課題が増えてきました。
そこで編集委員会ではこれらの課題に対応し、皆様が投稿しやすい形式を目指して投
稿規程の改訂を行いました。
 投稿規程変更の主なポイントは以下の通りです。

・投稿原稿の種類を見直し、「論壇」「総説」「原著」「報告」「会員の声」の
 5 区分としました。
 これまでの活動報告や症例報告は「報告」として投稿してください。
・倫理的な配慮について、本文中の方法に記載してください。
・利益相反(COI)について、本文の謝辞等に記載してください。
・引用論文の記載方法につき、掲載準備中の論文の引用やインターネット上の
 資料の記載方法を追加しました。
・COI の自己申告と著作権委譲についての書式を準備しました。
 著者1 名につき1 枚の提出が必要です。
 投稿の際には、責任著者が全員分をまとめて投稿論文とともに事務局に
 送付してください。

 
編集委員会一同、引き続き魅力的な学会誌の作成に向けて取り組んでまいります。
皆様におかれましても、奮って論文を投稿いただきますよう、ご協力のほどよろしく
お願い申し上げます。また、ご意見やご要望がございましたら、学会事務局までご連
絡ください。どうぞよろしくお願いいたします。
   
・投稿規程(2018.5.7改訂)  PDF 
・投稿時COI 自己申告書および著作権委譲承諾書 WORD PDF