日本循環器管理研究協議会雑誌 Vol.01(1966)〜Vol.07(1972)

日本循環器管理研究協議会雑誌 Vol.07 1972 目次

第7回日本循環器管理研究協議会総会
 これからの管理のために
 基本的問題の動向

特別講演T「刺激伝導系研究の最近の動向」

高安正夫

特別講演U「心性肺」−心疾患による肺障害−

笹本  浩

シンポジウム「脳卒中・心発作発生の近年の動向とその背景」司会

重松逸造

1.地域管理の立場から

広田安夫

2.地域・職域管理の立場から

小町喜男

3.職域管理の立場から

福田安平

特別講演V「虚血性心疾患」−最近における診断と治療の進歩−

木村栄一
このページのトップへ

日本循環器管理研究協議会雑誌 Vol.06 1971 目次

第6回日本循環器管理研究協議会総会
 明日の循環器管理

昭和45年度厚生省医療研究助成補助金による研究報告
「高血圧の進展要因とその防止に関する研究

勝本司馬之助

総会講演
「脳卒中の発生要因と危険因子についての追及疫学的研究」

岡田  博

特別報告
「循環器疾患対策について」

辻林嘉平

シンポジウム「高血圧の進展要因とその対策」司会

大渕重敬

1.地域住民における観察からの検討

加藤孝之

2.職域における高血圧の進展状況

岩井  淳

3.血圧の推移および尿中Catecholamineの動態からみた血圧コントロールの問題点

竹下司恭
広田安夫

4.眼底所見からみた高血圧進展要因の検討

柴田茂男

5.悪性高血圧進展への臨床的要因

土屋幸彦
このページのトップへ

日本循環器管理研究協議会雑誌 Vol.05 1970 目次

第5回日本循環器管理研究協議会総会
 現時点における循環器管理の問題点

昭和44年度厚生省班研究報告
1.脳卒中・心臓病の発作防止に関する研究
2.本態性高血圧の進展要因に関する研究

小林太刀夫

特別講演1
「国家公務員の循環器管理について」

秋山房雄

特別講演2
「高血圧対策と効果」

佐々木直亮

WHO主催脳卒中の予防・治療及びリハビリテーションに関するセミナーに出席して

 その1

重松逸造

 その2

勝木司馬之助

シンポジウム「循環器管理の隘路とその対策」

−公衆衛生の側から− 司会

岡田  博

 1)大学人の立場より

堀部  博

 2)大企業の立場より

福田安平

 3)保健所の立場より

山崎康弘

 4)センターとしての立場より

小町喜男

−臨床の側から− 司会

宮尾定信

 1)脳卒中

広田安夫

 2)虚血性心疾患

古川一郎

 3)高血圧

増山善明

 4)動脈硬化症

中村専久

資料 厚生省班研究報告
 脳卒中・心臓病の発作防止に関する研究
 本態性高血圧の進展要因に関する研究

このページのトップへ

日本循環器管理研究協議会雑誌 Vol.04 1969 目次

第4回日本循環器管理研究協議会総会
 高血圧・動脈硬化症の管理

循環器疾患対策について−厚生省班研究報告を中心として−
 1.高血圧、動脈硬化性疾患の管理ニード
 2.高血圧、動脈硬化性疾患の重症度判定基準
 3.高血圧、動脈硬化性疾患の管理方式
 4.循環器疾患の管理効果

小林太刀夫

シンポジウム
「事業所における循環器疾患管理の方式について」 司会

秋山房雄

特別講演

「高血圧症の治療」

鴫谷亮一

「動脈硬化症の治療」

王子喜一

「脳卒中予防特別対策について」

安西  定

シンポジウム
「地域における循環器管理の方式について」 司会

大渕重敬

資料
 高血圧、動脈硬化性疾患の管理に関する研究
 脳卒中予防特別対策の概要

このページのトップへ

日本循環器管理研究協議会雑誌 Vol.03 1968 目次

第3回日本循環器管理研究協議会総会
昭和42年度循環器疾患の管理に関する研究報告を中心として
−循環器疾患の発症に及ぼす環境諸因子に関する研究− 司会

重松逸造

特別講演「虚血性心臓病管理の問題点」

木村  登

特別講演「循環器疾患管理のための臨床知識

美甘義夫

特別提言「日循協に何を望むか」 司会

吉田常雄

シンポジウム「循環器疾患管理における心電図の読み方」 司会

戸嶋裕徳

資料
 循環器管理に関する研究
 −循環器疾患の発症に及ぼす環境因子に関する研究−

このページのトップへ

日本循環器管理研究協議会雑誌 Vol.02 1967 目次

第2回日本循環器管理研究協議会総会
 脳卒中・心臓発作の予知について

「昭和41年度循環器疾患の診断手技に関する研究ならびに
循環器疾患対策のあり方に関する研究報告を中心として」 司会

重松逸造

 報告 〈血圧〉 

佐々木直亮
〈尿〉  渡辺  孝
〈眼底〉  中島  章
〈心電図〉  堀部  博

 〈保健指導〉 

秋山房雄

循環器管理における情報科学

味村重臣

脳卒中・心臓発作に関する特別研究について

小林太刀夫

資料
 循環器疾患診断手技に関する研究
 循環器疾患対策のあり方に関する研究

このページのトップへ

日本循環器管理研究協議会雑誌 Vol.01 1966 目次

日本循環器管理研究協議会正式発会式までの経過報告

小林太刀夫

記念講演

日本人の脳卒中の研究

勝木司馬之助

一般講演
今後の循環器管理をいかにすべきか

そのT「内科医よりみた循環器管理の方向」 司会

和田正久

 1)循環器疾患の予防医学の将来

日野原重明

 2)高血圧の予後

岸本道太

 3)脳卒中および冠動脈疾患の疫学における心電図の価値

矢野勝彦

 4)地区住民循環器検診の問題点

水野  康

 5)循環器管理における私見

笹本  浩

そのU「地域、職域よりみた循環器管理の方向」 司会

秋山房雄

 1)血圧と脳・心事故発生

福田安平

 2)循環器疾患管理における情報処理について

根岸竜雄

 3)職域における循環器管理の問題点

中村秀三郎

 4)循環器疾患の地域的な差異について

小町喜男

 5)秋田県における脳卒中とその対策

児島三郎

 6)高血圧症発生の環境要因について

大渕重敬

そのV「これからの循環器対策の諸問題」 司会

重松逸造

 1)公衆衛生よりみた日循協の役割

大和田国夫

 2)これからの循環器管理のあり方

柳沢利喜雄

 3)循環器管理における二、三の問題点

芦沢正見

 4)この会の方針について

岡田  博

 5)厚生省の立場から

大村潤四郎
このページのトップへ