理事長挨拶

 
 2012年6月16日の第48回循環器病予防学会の終了後に、和泉徹前理事長の後任として社団法人日本循環器管理研究協議会(日循協)の理事長に就任いたしました。日循協は国民の健康増進に寄与するため、循環器疾患の疫学・管理・予防に関する研究と応用発展を図るための重要な役割を担う組織です。医師だけでなく、臨床と公衆衛生関係者が同じ目的のために集まるという特色ある組織で、循環器疾患予防のための市民啓発、疫学調査研究の管理方法の研究やその技術援助ならびに助成、若手研究者育成のためのセミナー開催と、その活動は多岐にわたっています。
 今日では、急激な高齢化、増加する一方の生活習慣病の状況において、循環器疾患の予防と管理がまさに必要とされています。一方で、時代は専門への細分化が主流となり、若手医師の予防医学への関心が薄れているともいわれていますが、近年では予防医学の重要性が再認識されてきており、本協議会の活動を発展させるチャンスと認識しています。  
 課題も多くあります。第一は、公益法人制度改革に伴う社団法人から一般社団法人への移行およびそれに伴う定款の改変です。一般社団法人移行に伴って事業および財務内容についての改善が必須であり、まずは予算基盤の強化が必要です。賛助会員を含めた会員数の増加、公益財団法人日本心臓財団との連携強化、各種寄付・助成金の獲得を目指します。そのためには事業のさらなる活性化が必要です。学会開催、循環器病予防セミナー、各種補助事業を含め、事業活動を強化拡大し、多方面への情報発信を行います。2年後に50周年を迎える日循協の発展のために誠心誠意努力いたしますので、会員の皆様のさらなるご支援・ご協力を宜しくお願いします
      2012年7月
            理事長  山科 章
                   東京医科大学第二内科(循環器内科)主任教授

学会概要

  一般社団法人 日本循環器病予防学会(旧 社団法人日本循環器管理研究協議会)
      理事長  山科 章(東京医科大学第二内科(循環器内科)主任教授)
       理事  22名 (理事長除く) 
       監事  2名
       評議員 102名     
    
    〒161-0034 東京都新宿区上落合3-9-1 北村ビル402号室
    電話 : 03-6304-0760 FAX : 03-6304-0565

 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・--・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 ★会員種別および年会費     (   )内は年会費
    
●医師会員   (8,000円)
    
●医師以外会員 (5,000円)
    
●評議員    (12,000円)
    
●理事     (12,000円)
    
●監事     (12,000円)
    
●名誉会員   名誉会員は年会費免除

事業報告等

  
     ◇平成23年度◇    
●平成23年度事業報告書
  ●平成23年度収支決算書    
  ●平成23年度正味財産増減計算書・貸借対照表    
  ●平成23年度財産目録    
●平成24年度事業計画書
  ●平成24年度収支予算書    
    ◇平成22年度◇
●平成22年度事業報告書
●平成22年度収支決算書
●平成22年度正味財産増減計算書・貸借対照表
●平成22年度財産目録
●平成23年度事業計画書
  ●平成23年度収支予算書    
     ◇平成21年度◇    
  ●平成21年度事業報告書    
  ●平成21年度収支決算書    
  ●平成21年度正味財産増減計算書    
  ●平成21年度貸借対照表    
  ●平成21年度財産目録    
  ●平成22年度事業計画書    
  ●平成22年度収支予算書