→ TOP  
一般社団法人 日本循環器病予防学会
メディカルスタッフ向け講習会のご案内  2017年度 保健指導レベルアップセミナー 

             
重症化予防 ~未治療者ならびに治療中の方への保健指導のポイント
     保健指導レベルアップセミナーでは 「高血圧・循環器病予防療養指導士」の認定単位取得が可能。
     
      ★その他の「高血圧・循環器病予防療養指導士セミナー」  詳細はこちら     (日本高血圧学会主催)
        2017/11/19(日)仙台 / 2017/12/10(日)大阪 / 2018/1/28(日)鹿児島  


 「重症化予防 ~未治療者ならびに治療中の方への保健指導のポイント~」
開催概要


高血圧や糖尿病などが「なぜ起こるのか、どうしたら予防できるか」といった疫学情報が蓄積され、保健指導による予防や治療効果を高めることが可能になってきました。また、生活習慣病関連の医療費の適正化のためには、高血圧などの発症を未然に防ぐとともに、治療中も適切な保健指導によってより適切に管理することの重要性が改めて認識されています。
本会では毎年、テーマを変えて保健指導に関するセミナーを開催しております
2017年度はテーマを
「重症化予防 ~未治療者ならびに治療中の方への保健指導のポイント~」とし、下記4回にわたり実施します。
   ①2017年11月11日(土)ハイリスク者抽出の基本的な考え方 (終了)
   ②2017年12月9日(土)保健指導としての未治療者への受診勧奨
   ③2018年1月27日(土)高血圧治療中の方の保健指導のポイント
               ~飲酒を中心に~

   ④2018年2月24日(土)糖尿病性腎症重症化予防の実際 

各回、上記内容の講義に加え、循環器病予防の体系的な知識と技術習得や医療現場などでの指導で、メディカルスタッフが知っておくべき高血圧・糖尿病などの治療に関する内容も含まれます。
尚、本セミナー1回の参加で
高血圧・循環器病予防療養指導士の単位(6単位)が取得できます。
 
* 1回ごとの申込可 
①2017年11月11日(土)12時50分~18時 (受付は12時15分より) * 終了
  塩野義製薬株式会社 ホール  (東京都渋谷区渋谷2-17-5) アクセス  
   ハイリスク者抽出の基本的な考え方   
  <内容>   【備考*】
  講義1:
保健指導プログラムの構成   
リスク重複の概念とリスクアセスメント

講師:岡山 明先生
   生活習慣病予防研究センター 代表
A2/1単位
A4/1単位
   講義2: 高血圧の栄養・食事指導 
講師:奥田奈賀子先生
   人間総合科学大学 健康栄養学科 教授
B1/2単位
   講義3: 血圧測定の意義と結果 ―家庭血圧を含む―
講師:浅山 敬先生
   帝京大学医学部衛生学公衆衛生学講座 准教授
C2/2単位
②2017年12月9日(土)12時50分~18時 (受付は12時15分より)  
   塩野義製薬株式会社 ホール  (東京都渋谷区渋谷2-17-5) アクセス  
  保健指導としての未治療者への受診勧奨  
  <内容>  【備考*】
  講義1:
循環器病とリスク要因の疫学
講師:奥田奈賀子先生
   人間総合科学大学 健康栄養学科 教授  
A3/2単位
   講義2: 面接技術(ロールプレイング)
講師:岡山 明先生
   生活習慣病予防研究センター 代表
A9/2単位
 講義3: 服薬管理とくに在宅管理のポイント 
―服薬アドヒアランス向上と副作用対策―

講師:下澤 達雄先生
   国際医療福祉大学三田病院臨床検査医学 教授
検査の意義結果
講師:浅山 敬先生
   帝京大学医学部衛生学公衆衛生学講座 准教授
C3/1単位



C4/1単位
③2018年1月27日(土)12時50分~18時 (受付は12時15分より)  
    エーザイ株式会社 東京コミュニケーションオフィス
  (東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー23階)
アクセス
 
   高血圧治療中の方の保健指導のポイント ~飲酒を中心に~
 
<内容>    【備考*】
講義1: 飲酒のリスクと介入
講師:岡山 明先生
   生活習慣病予防研究センター代表      
B4/2単位
 講義2: 高血圧薬物療法の基本
講師:宗像 正徳先生
   東北労災病院 治療就労両立支援センター
   予防医療部長 
C5/2単位
 講義3: 血圧コントロール不良の原因分析と対策   
高齢者高血圧(認知症合併を含む)

講師:大久保孝義先生
   帝京大学医学部衛生学公衆衛生学講座 主任教授 
C7/1単位
C9/1単位
④2018年2月24日(土)10時~18時 (受付は9時半より) *地図準備中  
   東京医科大学病院 教育研究棟  (東京都新宿区西新宿6-7-1)  
  糖尿病性腎症重症化予防の実際   
  <内容>    【備考*】
  講義1: 高血圧・循環器疾患の指導に役立つエビデンス
講師:岡山 明先生
   生活習慣病予防研究センター代表  
A6/2単位
   講義2: 肥満・耐糖能異常の栄養・食事指導
講師:奥田奈賀子先生
   人間総合科学大学 健康栄養学科 教授    
B3/2単位
 講義3: 臓器障害合併高血圧の管理 
講師:調整中        
C8/2単位
   
    *備考欄:高血圧・循環器病予防療養指導士の研修カリキュラム番号/取得可能単位数
 

対象者】
 保健師、看護師、薬剤師、管理栄養士、栄養士、理学療法士、臨床検査技師、他、参加希望者

【受講費】 
    日本循環器病予防学会会員 4,000円/1回
    日本高血圧学会会員 4,000円/1回
    非会員 8,000円/1回    * 非会員の方は受講申込時に会員登録可能です
     

          ■資料代別途必要(希望者のみ購入いただきます)
             1,000円/1回
             資料は事前に電子ファイルをお送りします。
             *詳細はお申込をいただいた後にご案内します。
 
 
 【申込方法】
  申込書をダウンロードし、必要事項を記入後、メールまたはFAXにて事務局まで送付していただきます。 
  (送付先は申込書に記載しています)   
★申込書 →  ■Word  ■PDF    
    受付後1週間(土日祝日除く)以内に、メールまたはFAXにて詳細をお知らせします。
    事務局より連絡がない場合は、お手数ですがご連絡下さい。 
 
     
【お知らせ】      よくわかる高血圧と循環器病の予防と管理
―高血圧・循環器病予防療養指導士認定試験ガイドブック―

 *Amazon出版社(社会保険研究所)などからご購入可能です
 
   2017.11.13 現在
   *本セミナーに関するお問い合わせは下記までお願いします